読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対知っておいた方がいい!アメリカとイギリスで使い分ける英単語

f:id:gtammy:20170415203411j:plain

今まで私たちが学校で習ってきたは英語は、アメリカ英語ですよね。

そんなことでイギリス英語慣れしていない私が、海外移住した時はイギリス英語に苦労しました。
私が住んでいた場所はイギリスではありませんが、イギリスに近かったため、アメリカ英語よりイギリス英語を話す人たちが多かった。

まず発音やアクセントが全然違う単語があるので、同じ単語とは認識できないものや、そもそも同じ単語でもスペルが違ったり、違う表現をしたりよくあります。

以前、イギリス英語とアメリカ英語の違いについてちょっと書いてみましたので、 こちらの記事に興味ある方は合わせてどうぞ。

つい最近、アメリカ人の友達とこの話題で盛り上がったので、 これは絶対知っていた方がいいというものだけ、こちらで紹介していきたいと思います。

履歴書 resume(米) / CV(英)

初めて海外で仕事を探していた時に、
「Could you send me your CV?(履歴書を送ってくれますか?)」
と言われた時に、??となりました。

「CV???」

で、その時はそっこうでググりました。

curriculum vitaeの頭文字をとり「CV」履歴書という意味の単語です。

今もゆるく転職活動を始めていますが、CVと言う人とresumeと言う人と分かれます。
CVと言われたら、「あ、この人はイギリス英語習ってきたんだなー」と思ってしまいます。

ちなみに、ヨーロッパ全域ではresumeよりCVの方をよく使うらしい。 ドイツの会社の面接を受けた際も、確かに「CV」って言ってたな。

resume = 履歴書(アメリカ英語)
CV = 履歴書(イギリス英語)

で、アメリカ人の友達が言うには、

「アメリカ人の中でもCVって言われてわからない人たくさんいるよ」

ですって!!! アメリカでは「CV」という単語自体、使われていないとのこと。(カナダも同様)

では、オーストラリア、ニュージーランドについてはどうなんだろう??とふと思いました。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひおしえてください。

一階 first floor(米) / ground floor(英)

旅行に行く時は絶対知っといた方がいいのがこちら。

first floor = 一階(アメリカ英語)
ground floor = 一階(イギリス英語)

海外旅行が好きな人だったら当然のように知っていることかもしれませんが、知らなかった私はパニクりました。
イギリスのfirst floor は2階になりますので、要注意です。
すごい違和感を感じるのはきっと私だけではないはず。

ちなみにヨーロッパはイギリス英語を使っている国が多いので、ホテルやデパートなどのエレベーターの一階の表示はground floorです。

トイレ bathroom(米) / toilet(英)

アメリカ英語
Where is a bathroom?
トイレどこですか?

旅行をする際の定番フレーズですよね。

私は、アメリカでもイギリスでもヨーロッパでもどこに言ってもこのフレーズでトイレの場所を聞いていましたが、イギリスでは、「toilet」って言う方が一般的らしい。

アメリカ人の友達が言うには、アメリカでtoiletというと便器そのものという意味なので、「Where is a toilet? (イレどこですか? )」と聞かれたら、その人はよっぽどトイレに行きたくて差し迫った状況なのかと思われるらしいです(笑)

イギリス英語
Where is a toilet?
トイレどこですか?

アメリカでは、よほど緊急な状況でない限り、「bathroom」の方を使いましょう!

うーん、英語圏での英単語の違いって面白いわ!

そのほか、オーストラリアとニュージランドについては、まったく友達も知り合いもいないので、わからないのですが、また独自の表現がありそうですよね。そちらの国の方と知り合うチャンスがあれば、ぜひ聞いてみたいな。

Today's Coffee Break

アメリカを感じる映画ってなんだろうって考えた時にまっさきに浮かんだのはこちら。
Facebookを作った天才大学生、マーク・ザッカーバーグの話です。
web関連の仕事をしているので、こちらの映画はリリースされてすぐ見に行きました。ザッカーバーグが超早口でずーと話しています。で、早口すぎるので、ほんと何言っているのかわからなかった。これが普通に理解できるまで英語力上げたいー!

someone in the crowd (ララランド サントラ)歌詞から学ぶ英語表現

f:id:gtammy:20170413224853j:plain

ヒジネス英語備忘録のテーマからだいぶ外れてきましたが、 ララランドを観に行ってからは、ここ最近ずっとララランドのサントラを聞きながら仕事しています。

先日みたララランドの感想はこちら(下記)の記事にしています。

ララランドのサントラの中で私が一番好きな曲は、こちら。

「someone in the crowd」

ミアがルームメイト達とパーティーに出かける前に使われている曲。 アップテンポの明るい感じでテンションを上げてくれると思ったら、途中からは、ムーディーでちょっと切なくなる感じを両方味わえます。

あの切ない映画のラストシーンでもこちらの曲使われています。 なんともいえないあのセンチな感じやパーティー前のワクワクする感じがすべてこの曲に詰まっています。

この躁と鬱の部分のミックス具合は、自分のテンションの上がり下がりの激しいところと妙にマッチするので好きなのかもしれません(笑)

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック
サントラ (アーティスト), ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン (アーティスト), & 2 その他
形式: CD
¥ 2,700

someone in the crowd -人混みの中の運命の相手-

You got the invitation
招待状はあるし

You got the right address
住所もある

You need some medication?
気晴らしが必要でしょ?

The answer’s always yes
いつだって答えはYES

A little chance encounter could be the one you’ve waited for
ちょっとした出会いが待ち望んでいたものになるかも

Just squeeze a bit more
もう少し押しを強くね

Tonight we’re on a mission
今夜、私たちには使命があるわ

Tonight’s the casting call
今夜はオーディション

If this is the real audition
もしこれが本当のオーディションなら

Oh, God, help us all
あぁ、神様、助けて

You make the right impression
いい感じの印象を与えるのよ

Then everybody knows your name
そうすれば、みんなに名前を知ってもらえる

We’re in the fast lane
私たちは激しい競争の中にいるのよ

Someone in the crowd
人混みの中の誰かが

could be the one you need to know
運命の”誰か”なのかも

The one to finally lift you off the ground
あなたを引き上げてくれる”誰か”なのかも

Someone in the crowd
人混みの中の誰かが

could take you where you wanna go
夢を叶えてくれる”誰か”なのかも

If you’re the someone ready to be found
もしあなたが見出される準備ができているのなら

you’re the someone ready to be found
あなたが相応しい相手なら

Do what you need to do
やるべきことをやっておくのよ

‘Til they discover you
その日が来るまで

And make you more than who you’re seeing now
そうすればもっと素敵な自分になる

So with the stars aligned
星が輝いてる

I think I’ll stay behind
私は後ろで見守ってよっと

You’ve got to go and find
自分から探しに行かないと

That someone in the crowd
運命の相手を

That someone in the crowd
人混みの中でその”誰か”を

Is someone in the crowd the only thing you really see?
そんな”誰か”を見つけることが本当に大事なの?

Watching while the world keeps spinning ‘round?
世界は周り続けているのをただ見ているだけでいいの?

Somewhere there’s a place where I find who I’m gonna be
”別の自分”になれる場所がどこかにあるはず

A somewhere that’s just waiting to be found
見つけてもらうのを待っている場所

Someone in the crowd could be the one you need to know
人混みの中の誰かが、求めていた相手かも

The someone who could lift you off the ground
あなたを高めてくれる相手

Someone in the crowd could take you where you wanna go
人混みの中の誰かが、行きたいところへ連れてくれる相手かも

Someone in the crowd could make you
人混みの中の誰かが

Someone in the crowd could take you
人混みの中の誰かが夢を叶えてくれる

Flying off the ground
飛び出してみよう

If you’re the someone ready to be found
もしあなたがその人に相応しいなら

English Lyric 引用: Google Play Music

和訳はかなり意訳している部分もあります。 他にいい訳があればぜひコメントまたはTwitterでお知らせください!

ピックアップ英単語 fast lane

歌詞の中にはあまり難しい単語はないので、比較的容易に意味が理解できるかと思いますが、 その中で唯一辞書を引いて調べたのが「fast lane」

そのものの単語の意味は、「追い越し車線、高速車線」ですが、「in the fast lane」といったふうにイディオムで使う場合は、「激しい人生、駆け足の人生、競争の激しい人生、人を押しのけて生きてゆく激しい人生」などといった意味合いになります。

We’re in the fast lane
私たちは激しい競争の中にいるのよ

常に上を目指して生きていくには通らなきゃいけない道なのかな。

最高の神クオリティー La La Landララランドサントラカバー

YouTubeで見つけたカバーアレンジのビデオがこれまたすごいクオリティーで感動。

バイオリン、ヴィオラ、ピアノと一人で完璧に演奏する女性。
素晴らしい才能にあふれている人ってこんな方のことを言うんだろうな。
楽しんで演奏しているのがすごい伝わってくるし、ただただ感動。

なんかうるっときてしまう・・・。
このレベル、感動です・・・!!

Today's Coffee Break

やっぱりホームプラネタリウムが欲しくなってきた!でも、ララランドのサントラでプラネタリウムが似合う曲といったら、「City of Stars」!こちらも今度和訳しよっと。

映画ラ・ラ・ランド(La La Land )で学ぶ英語表現 - 続編

f:id:gtammy:20170329231732j:plain

以前にラ・ラ・ランドの記事を書いてから、早1ヶ月。 (下記)

ついにラ・ラ・ランド観に行ってきました!
最高すぎて、感想は一言では表現しききれません。

ご注意:これからラ・ラ・ランドを観るという方は、ネタバレ的なことも書いているので、この先読み進まないことをおすすめします。

最高!
Amazing !
Ryan Gosling and Emma Stone are the best!


などなど、映画が終わった後に、映画館で叫びたくなりました(笑)
近年観た映画の中ではマイベストです。

なにがそんなに良かったのか?

何と言ってもあのラ・ラ・ランドオリジナルサントラ

ラ・ラ・ランドの魅力は、何と言ってもあの音楽!
サウンドトラックは全英アルバム売上チャート1位!
ジャズは好きなジャンルなので、まさにどハマり。

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック
サントラ (アーティスト), ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン (アーティスト), & 2 その他
形式: CD
¥ 2,700

こちらのラ・ラ・ランドのサントラ、映画を観た帰り道に即お買い上げ。
これ聞くと、ダンスとか超苦手なんだけど、無性に踊りたくなるわ。

スクリーンの中のカラフルな色配色

とにかく映画の中の色の配色バランスがたまらなく良かった!

f:id:gtammy:20170330215459j:plain

  • 色鮮やかなキャストたちのドレス
  • 劇場のシートのクラシックなボルドー色とエマストーンの深緑色のドレスのコントラスト
  • 夕焼けのピンクとブルーのグラデーション
  • 鮮やかなブルーの空とエマストーンの黄色のドレスの対比
  • 街中のパステルトーンの建物と淡い空の色

などなど、完璧に色の配色バランスがデザインされたスクリーンは、まるで絵画を観ているように楽しかった。

アートと音楽が出会うと、かなりアーティーなミュージックビデオを見てるようにも感じた。 ラ・ラ・ランドのクラシックでエレガント、そしてカラフルな世界観が大好きだ。

この自分の好きな世界観にどっぷりはまることができて、ほんと 幸せな時間だったな。

切ないエンディングがこの映画のベストシーン

エンディングが本当によく出来ている。
切ないんだけど、このシーンがこの映画の中のベストシーンだと思っている。 最後、主役の2人の目があって、お互い微笑み返す所、ぐっときた。

本当に大好きな人とは結ばれないって言うけど、この映画もそんなエンディング。 でも決して、ただ単に悲しいってわけではない。

だって、二人はお互いの夢を叶えるためには欠かせない存在であり、二人が出会わなければ、お互いの夢は叶わなかった。 (ここは、映画のサントラ Someone In The Crowdの歌詞にもあるところで、その音楽が今脳内で鳴り響いている。)

得るものもあるけど、失うものもあるよね、という人生の教訓だ。
ありきたりのハッピーエンディングを想像していたから、いい意味で裏切られた。 まさに、リアルな人生だわ、となんか深く考えてしまった。

英語の勉強も!

だらだらと、ここまで英語とは全く関係ない、ただの映画の感想を書いてきましたが、 ここからは英語の勉強になることを少し書きますね(笑)

前回の記事では、「compromise(妥協)」について少し取り上げました。

It’s conflict and it’s compromise; it’s very, very exciting.
それは衝突であり、自分を危険に晒すことだけど、すごくすごくワクワクするものだよ。

私はこんな風に訳してみたのだけど、実際の字幕はどうだったかと言うと・・、
compromise「歩み寄り」となっていました。

「歩み寄り」

そうそう、ポジティブな感じでこっちの日本語の方がしっくりくる。

ちなみに、英英辞書ではこんな説明。

a settlement of differences by mutual concessions; an agreement reached by adjustment of conflicting or opposing claims, principles, etc., by reciprocal modification of demands.

Compromise | Define Compromise at Dictionary.com

では最後にもう一つ。

It’s like a pipe dream.
それは夢物語みたいなものだわ。

pipe dream

「空想的な考え」「夢物語」という意味です。 パイプをくゆらせながら空想にふけるイメージですが、 実はアヘンによる夢想や幻想を意味するものだそう。

なんか、この映画を表現するのに妙にぴったりくる英単語だなと思ったので、最後に紹介してみました。

Today's Coffee Break

どうしよう、ララランド効果(?)でホームプラネタリウムが欲しくなってきた!