読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語が上手く話せないことをわざわざ言う必要は全くない!

f:id:gtammy:20160919110711j:plain

「I'm sorry about my poor English.(英語下手でごめんなさい。)」
「I'm sorry, my English isn't so good. (英語あまりうまくなくてごめんなさい。)」

などなと、日本人がこのように言っている場面よく見かけますが、 そんなこと一切言う必要ないと思うんですよね。

会社では、英語ネイティブ以外の他の国々の人たちも一緒に働いていますが、 彼らの英語が間違っていたり、へんな言い回しだったりそんなのしょっちゅう。

でも決して、日本人みたいに、下手な英語でごめんなさい、なんて言いません。

むしろ英語ペラペラに話せます!的な堂々とした態度。
母国語と英語と、2か国語も話せるんだぞ的な自信にさえ満ちています(笑)

でもなんとなく言いたい気持ちはわかならなくはないので、あえて言うなら、 あくまでも、私の英語が下手だからわからないよね?ではなく、
私の説明不足の方に重点をおく方がいいかも。

If something isn't clear, please let me know.
もしわからないことがありましたら、おしえてください。

Let me know if I say something that's unclear.
もし私がわかりにくいことを言ったら言ってくださいね。


まあ私の職業上、すごく流暢な英語は必要ないのですが、相手にうまく伝わり、失礼に聞こえない程度の英語は使いこなしていきたいです。

そして、あくまでも英語は自分の気持ちを伝えるためのツールなので、上手い下手よりも、自分の主張を明確に表現できたりすることの方が重要かなと。

英語がうまい人よりも、プレゼンの上手な人の方が説得性があるしね。