読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結構違う!アメリカ英語 vs イギリス英語

f:id:gtammy:20161004235905p:plain

普段はアメリカ人やノンネイティブとのやりとりが主なので、 イギリス英語について考えることもなかった。

ただ最近やりとりしたイギリス出身の人たちとの会話で、アメリカ英語との色々な違いについて 学ぶことも多かったので、今日はそれを備忘録として書き留めておきたいと思う。

今まで学校で習ったり、個人的に習った英語は主にアメリカ英語。
先生は、アメリカ人かカナダ人が多かった。

そして、日常でも映画はたいていアメリカ英語。

思い返せば、周りにいる友達や知り合いもアメリカ人やカナダ人が多かった。 ヨーロッパやイギリス出身の知り合いや、友達はほぼ皆無。

ただ、イギリス英語の発音や話し方はなんとなく違うことは、理解していた。 でもまさか、同じ単語でもスペルが違うなんて考えもしなかった。

色 color(米) / colour(英)

デザインの仕事なので、この単語はよく使う。
初めて「Colour 」って書かれた書類をみた時は、 本気でスペル間違えしてるよ、、、って思った(笑)

Color = 色(アメリカ英語)
Colour = 色(イギリス英語)

ゴミ garbage(米) / rubbish(英)

「Colour」ほど驚きはないにしても、他にも、色々とアメリカ英語とは使う単語が違うから、なんだかイギリス人との会話は新鮮だ。

garbage = ゴミ、クズ、ガラクタ(アメリカ英語)
rubbish = ゴミ、クズ、ガラクタ(イギリス英語)

本来の意味はゴミといった単語だけど、こういう表現をよく聞く。 ニュアンス的に何かよくないことを言うときや、反対するときに言っているっぽい。

It’s rubbish!
それは酷い!

Rubbish!
ありえない!無理!

あと、ゴミ箱って、アメリカ人は「garbage can」って言うけど、イギリス人は、「rubbish bin」って言っている。

ズボン pants(米) / trousers(英)

あと、こちらも知らなくて、ちょっと恥をかいたので知っておきたい単語。「Pants」ってイギリスだと下着って意味になっちゃうのね。
まあ、日本語は両方の意味で使いますね。日本語は、発音の違いで使い分けていますね。なかなか興味深い。

pants = ズボン(アメリカ英語)
pants = (主に男性用の)下着(イギリス英語)
trousers = ズボン(主にイギリスで使われる?アメリカ人が言っているのはあまり聞かない。)

この会話は、イギリス人に対しては危険ですので、ご注意ください(笑)
アメリカ英語とイギリス英語の違いのあるあるのネタらしい。

Nice pants. Where did you get it?
そのズボンいいね、どこで買ったの?(アメリカ英語)
そのパンツいいね、どこで買ったの?(イギリス英語)

他にも色々あるけど、続きはまたのエントリーで。

Today's Coffee Break

イギリス映画といったら、私的にはこちらをおすすめします。 ブリジットのキャラクターが大好き。なんか見てると元気になれる。

落ち込んでいるときや、気分が沈んでいる時にどうぞ。 イギリス英語のアクセントの勉強にもなります!