Duh! 英語の意味わかるかな?(俗語的表現)

f:id:gtammy:20170323232454j:plain

 

Duh!(ダー)

Well duh!(ウェル ダー)

No duh!(ノー ダー)


初めて聞いた時は、「???」となった。
今まで聞いたことも見たこともないしと思ったけど、その後映画とか友達同士の会話では出てくる出てくる!

 

ビジネス英語じゃなくて、カジュアルな同僚との会話でも使う場面あったな。
私はあまり使わないけど、よく聞くのでメモメモ。

 

この間、色々と仕事手伝ってもらった同僚との会話

私:
Thank you so much, 名前!!
ほんと、どうもありがとう(名前)!!

同僚:
Duh!
お礼を言われるまでもないよ。

 

duh

【間投】
      〈俗〉分かり切ったことを聞くな、何当たり前のこと言ってるんだ、今さら何を言ってるんだ◆
【用法】
    たとえば、洗車場で車を洗っているときに友人がやって来て、「ずいぶん汚れてるなー」と言われたときに「ダー」と言えば、「汚れてるから洗車してるんだ」というニュアンスになる。
【名】
      〈俗〉当たり前だと突っ込みたくなる話[発言]
【文例】【発音】dəː、【@】ダー

 

うーん、これ文章で説明するの難しいなと思ってたら、いい説明ビデオをYouTubeでみつけた。

 

youtu.be

 

これわかりやすいわ。私も「Duh」使えこなせそうな気がしてきた。

 

ちなみに、ビジネスの場や、フォーマルなところで使う時は、下記の表現が無難です。

Don't mention it.   
礼を言うにはおよびません。(負担に思うことはないよ。)

そんなこと口にするな、って意味ではないですので、お気をつけください(笑)